toshiba東芝の電気温水器エラーコード一覧

コード 原因 対処方法
E:1 【1~5タイプ】水温湯温センサー異常
【6タイプ】残湯レベル1(20L)センサー異常
ハードチェックによる検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
E:2 【1~5タイプ】残湯180L(150L)センサー異常
【6タイプ】残湯レベル2(60L)センサー異常
ハードチェックによる検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
E:3 【1~5タイプ】120L(100L)センサー異常
【6タイプ】残湯レベル3(100L)センサー異常
ハードチェックによる検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
E:4 【1~5タイプ】60L(50L)センサー異常
【6タイプ】残湯レベル4 (225±25L)センサー異常
ハードチェックによる検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
E:5 【1~5タイプ】深夜電力が24時間の1度も投入されなかった
【6タイプ】残湯レベル5 (350±50L)センサー異常
【1~5タイプ】沸上用ヒーターの漏電確認。
【6タイプ】ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
E:6 【1~5タイプ】夜間時間帯に2時間以上の停電があった
【6タイプ】水温湯温センサー異常
【1~5タイプ】制御用「切」:ポンプ・凍結防止ヒーター・基板の濡れ・故障。/沸上用「切」:ヒーターの漏電を確認。
【6タイプ】ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
E:7 タンクが満水になっていない
満水でも給水圧が弱い
逃し弁や蛇口でタンクが満水であることを確認。
E:8 PC板水濡れ 漏水検知センサー回路が15分間連続で信号を検知。
E:9 リモコン通信不良 ケーブルの半断線・短絡を確認。
E:10 残湯20Lセンサー異常 ハードチェックによる検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
E:12 下ヒーター沸上げ不良(下ヒーターに2時間通電してもタンク全体の温度が5℃以上上昇しない) 2時間未満の停電、リミッター動作、リレー不動作。
E:13 上ヒーター沸上げ不良
(上ヒーターに1時間通電してもタンク上部の温度が5℃以上上昇しない。3日検知するとエラー発生)
2時間未満の停電、リミッター動作、リレー不動作。
E:14 給湯二方弁(電動バルブ)を閉めているのに流量センサーが流れを検知 電動弁の動作確認。
E:15 ふろ給湯をしようとするが流量を検知できず/「ふろの蛇口を開けてください。」と音声が流れるときも同じ 水が出ない:簡易ホッパー動作不良、高温水遮断弁が動作している、給水圧が無い。
水は出る:流量センサーの動作が鈍い(簡易ホッパー不良)。
E:16 【6タイプ】深夜電力が24時間の1度も投入されなかった 【6タイプ】沸上用ヒーターの漏電確認。ヒーターが正常な場合は分電盤・タイムスイッチによる通電の有無を確認。
E:17 【6タイプ】夜間時間帯に2時間以上の停電があった 【6タイプ】制御用「切」:ポンプ・凍結防止ヒーター・基板の濡れ・故障。/沸上用「切」:ヒーターの漏電を確認。
E:19 50分(または180L)湯張りしても水位センサーが水位上昇を検知しない 浴槽栓をしないで湯張りした。給水圧が弱く給湯量が極端に少ない。配管が詰まりかけていて圧力を正常に検知出来ない。
E(U):20 ふろ自動運転中にふろ循環ポンプを動かしてもフローSWが動作しない
ふろ自動運転中は循環金具より上に湯(水)がなければいけない
ふろ自動を切らずに浴槽の栓を抜いた。(E:25との同時発生の場合はまず栓抜き)
フロースイッチの故障もしくは配管が詰まりかけていてフロースイッチがONにならない。
ふろ循環ポンプが動かなくてふろ循環が出来ない。
E(U):22 湯切れ 他にエラーが発生していないか、製品の沸上げ能力が正常か確認(運転モニター)。問題が無ければお湯の使いすぎ。
E:23 【1・2タイプ】浴槽の残り湯温度が設定温度より10℃以上低い
【3~6タイプ】おこのみ設定(または初回湯張り)時に残り湯を検知
【1・2タイプ】追焚き機能が無いので浴槽を空にしてから再度湯張りをする。
【3~6タイプ】水位情報のない状況で残り湯を検知した場合に発生。浴槽を空にしてから再度湯張りをする。
E:24 下ヒーター沸上げ不良(下ヒーターに通電してもヒーターの温度上昇がない) 2時間未満の停電、リミッター動作、リレー不動作。
E:25 一定時間(一定量)自動足し湯をしても30mmの水位上昇を検知できない ふろ自動を切らずに浴槽の栓を抜いた。(E:20との同時発生の場合はまず栓抜き)
フィルター目詰まり・非純正循環金具の使用・配管の詰まりかけ等により正常に水位が検知出来ない。
(非純正品でもすぐに不具合が出るとは限らない)
E(U):27 60分湯張りをしても設定量(設定水位まで)の給湯が出来ない 浴槽の栓をしないで湯張りをした。給湯量が極端に少ない(給湯圧小、配管詰まりかけ)。
湯が溢れる場合フロースイッチがONしない。もしくは流量センサーの動作が鈍い。
E:28 湯張り中に28℃以下の湯を3分間検知 ハードチェックでh:03,h:04を確認。温度計で循環金具の出湯温度と設定温度を確認し異常なければミキシングバルブ交換。
E:29 湯張り中に設定温度+10℃の湯を1分間検知 ハードチェックでh:03,h:04を確認。温度計で循環金具の出湯温度と設定温度を確認し異常なければミキシングバルブ交換。
E:31 ふろ往き配管詰り(往き1管給水をしても流量センサーが動作しない) 少しでも流量を検知した場合はこのエラーは発生しない。
E:32 ふろ戻り配管詰り(戻り1管給水をしても流量センサーが動作しない) 少しでも流量を検知した場合はこのエラーは発生しない。
E:Hc 水温湯温センサーが95℃以上を検知 ハードチェックテでセンサー検知温度を確認。リレーが通電しっぱなしでないか確認。
E:HP 加圧防止センサー15分連続検知 加圧検知センサー電極間に水滴(異物)の付着がないか確認。
リード線コネクタ・本体PC板コネクタが濡れていないか確認。
E:HL タンク上部のセンサー温度より、タンク下部のセンサー温度の方が高い状態を30分検知 タンクの給水状態を確認。
ハードチェックでタンク残湯センターの検知温度を確認。センサーハーネスに異常が無いか確認。
H:0 【フルオート】ふろ電動三方弁(二方弁)異常/目標の位置信号を検知出来ない
【オートストップ】給湯(給水)電動二方弁異常/目標の位置信号を検知出来ない
ハーネスの断線や腐食がないか確認。エラー解除をしてもすぐに発生する場合は部品不良。
再発しない場合は湯張り等をして様子を見る。
H:1 ふろ流量センサー(簡易ホッパー)異常(電磁弁を開ける指示を出しているが、流量を検知出来ない) しばらく湯は出る:流量センサーの動きが鈍い。
湯が出てこない:電磁弁不良(簡易ホッパー不良)。
H:2 水位センサー異常(圧力異常値を検知/常時監視しているので湯張りをしなくても発生する) ハーネス・PC板の腐食・断線確認。ふろ配管を完全閉止すると空気の膨張圧で発生する。
いずれも問題がない場合は水位センサー不良。
H:3 電磁弁不良(簡易ホッパー)異常(電磁弁が閉まっているはずなのに流量を検知) 電磁弁「閉(OFF)」のはずなのに、流量センサーが動作している。
エラー発生時三方弁を循環回路にし出湯を止める(フルオートのみ)。
H:4 【フルオート】ふろ戻りセンサー異常
【セミオート】ふろセンサー異常
ハードチェックで検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
H:5 給湯センサー異常 ハードチェックで検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
H:6 ふろ電動ミキシングバルブ異常 設定温度のバルブ位置信号を検出できない。ふろ温度センサーが設定温度にならないだけではエラー発生はしない。
H:7 給湯電動ミキシングバルブ異常 設定温度のバルブ位置信号を検出できない。給湯温度センサーが設定温度にならないだけではエラー発生はしない。
H:8 ふろ熱交換器不良(エラー発生中は15分おきに30℃の湯を給湯して浴槽内に熱湯が貯まらないようにする) タンク内の湯が直接浴槽に出てきます。栓を外して浴槽に湯が貯まらないようにする。
H:9 外気温センサー異常 ハードチェックで検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
H:10 ふろ往きセンサー異常 ハードチェックで検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
H:11 フロースイッチ異常 フロースイッチがONしっぱなし。
H:16 ふろセンサー異常 ハードチェックで検知温度を確認(他のセンサーと比較)。ハーネスの断線・短絡・腐食を確認。
H:18 時計データ読み込み不良 シンプルリモコン2個使用で、背面JPSWをカットしていない。
2個使用の場合はどちらか片方のJPSWをカットする必要がある。
H:19 給水停止電動バルブ異常 漏水出力設定(JPSWカット時)のみ発生。

エラーコードを見ても、どうしたらいいか分からない。

自分で対処するのは不安という方は、販売店か当社までお問い合わせください。

お問い合わせの際には、
メーカー名
型番(分かれば)
エラーコード
どのような状態か?
いつから?

を教えてください。