hanwhasolarハンファQセルズの太陽光発電エラーコード一覧

コード 原因 対処方法
E1-0 停電が発生 停電が回復すると、自動的に連系運転を再開。
E1-0 太陽光発電用ブレーカが「オフ」になっている 自立運転の必要がなければ、太陽光発電用ブレーカを「オン」にする。
E1-0 交流側のヒューズが切れている 太陽光発電用ブレーカを「オフ」にして、点検修理を依頼。
E1-1~E1-8 商用系統に異常が発生 商用系統が正常な状態に戻ると、自動的運転を再開。
改善されない場合は、太陽光発電用ブレーカを「オフ」にし、点検修理を依頼。
E1-1 故障の可能性(自立運転時) 故障の可能性。販売店へ連絡。
E1-2 電気の使いすぎの可能性(自立運転時) 停電用コンセントに接続している電気製品を減らす。
E1-7 故障の可能性(自立運転時) 故障の可能性。点検修理を依頼。
E1-8 電気の使いすぎの可能性(自立運転時) 停電用コンセントに接続している電気製品を減らす。
E2-1 太陽電池の電圧が高くなっている ただちに使用を停止(運転スイッチを「オフ」)し、点検修理を依頼。
E2-3 太陽電池に異常が発生 ただちに使用を停止(運転スイッチを「オフ」)し、点検修理を依頼。
E3-1~E3-3 パワーコンディショナ本体に異常が発生 故障の可能性。太陽光発電用ブレーカを「オフ」にし、点検修理を依頼。
E4-2~E4-7 パワーコンディショナ本体に異常が発生 故障の可能性。太陽光発電用ブレーカを「オフ」にし、点検修理を依頼。
E5-1 パワーコンディショナ本体に異常発生/交流側のヒューズが切れている 故障の可能性。太陽光発電用ブレーカを「オフ」にし、点検修理を依頼。
E5-3~E5-6 パワーコンディショナ本体に異常発生 故障の可能性。太陽光発電用ブレーカを「オフ」にし、点検修理を依頼。
E3-4 パワーコンディショナ内部の温度が高温になっている 通風口を確認し、異物があれば除去。温度が正常に戻ると、自動運転を再開。
改善されない場合は、故障の可能性。点検修理を依頼。
R1-5 停電用コンセント(本体側面および壁面)に過負荷がかった 停電用コンセントに接続している機器を減らすか、 故障した機器があればその機器を外す。
記載のないエラーコード表示   運転スイッチをいったん「オフ」にし、再度「オン」にする。
改善されない場合は、太陽光発電用ブレーカを「オフ」にし、点検修理を依頼。

エラーコードを見ても、どうしたらいいか分からない。

自分で対処するのは不安という方は、販売店か当社までお問い合わせください。

お問い合わせの際には、
メーカー名
型番(分かれば)
エラーコード
どのような状態か?
いつから?

を教えてください。