kyocera京セラの太陽光発電エラーコード一覧

コード 原因 対処方法
F0 ブザー音「あり」
装置異常(出力過電圧)
太陽電池異常(入力過電圧)運転スイッチを「切」にし、約1分後に運転スイッチを「入」にする。改善しない場合は、運転スイッチを「切」にし、
外部のサービスブレーカを「OFF」にし、点検修理を依頼。
F5 ブザー音「あり」
装置異常(出力過電圧)
運転スイッチを「切」にし、約1分後に運転スイッチを「入」にする。改善しない場合は、運転スイッチを「切」にし、
外部のサービスブレーカを「OFF」にし、点検修理を依頼。
F6 ブザー音「あり」
装置異常(直流分流出)
運転スイッチを「切」にし、約1分後に運転スイッチを「入」にする。改善しない場合は、運転スイッチを「切」にし、
外部のサービスブレーカを「OFF」にし、点検修理を依頼。
F8 ブザー音「あり」
装置異常(検出器異常)
運転スイッチを「切」にし、約1分後に運転スイッチを「入」にする。改善しない場合は、運転スイッチを「切」にし、
外部のサービスブレーカを「OFF」にし、点検修理を依頼。
F2 ブザー音「あり」
太陽電池の漏電
運転スイッチを「切」にし、約1分後に運転スイッチを「入」にする。改善しない場合は、運転スイッチを「切」にし、
点検修理を依頼。
F4 ブザー音「あり」
装置内部温度の異常上昇
①運転スイッチを「切」にする。
②通風孔を点検し、異物があれば除去。
③30分後に運転スイッチを「入」にする。
改善しない場合は、運転スイッチを「切」にし、点検修理を依頼。
E0 ブザー音「なし」
停電中または、ブレーカ切れ
①停電中は復旧を待つ。
②停電中以外は、パワーコンディショナに接続されている漏電遮断器およびサービスブレーカを「ON」にする。
E1~E10 ブザー音「なし」
運転一時停止(商用電源の乱れ、復旧すれば自動運転再開)
系統が正常に戻るまで待つ。復旧すれば数秒から5分後に運転再開。
2~3日間この状態が続く場合は故障の可能性、点検修理を依頼。
その他 パワーコンディショナの作動音 起動時や発電出力が大きくなると、パワーコンディショナの作動音が少し大きくなるが異常ではない。
異常に大きい場合は故障の可能性。運転スイッチを「切」にし、外部のサービスブレーカを「OFF」にし、点検修理を依頼。
その他 雷による停止 雷の異常電圧でパワーコンディショナが直流漏電検知し、「F2」で停止した場合、「F2」処理を行う。

エラーコードを見ても、どうしたらいいか分からない。

自分で対処するのは不安という方は、販売店か当社までお問い合わせください。

お問い合わせの際には、
メーカー名
型番(分かれば)
エラーコード
どのような状態か?
いつから?

を教えてください。