panasonicパナソニックの太陽光発電エラーコード一覧

コード 原因 対処方法
E1 系統過周波数(系統過周波数を検出 ) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E2 系統不足周波数(系統不足周波数を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E3 U相系統不足電圧(U相系統不足電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E4 U相系統過電圧(U相系統過電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E5 W相系統不足電圧(W相系統不足電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E6 W相系統過電圧(W相系統過電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E7 位相跳躍(商用電力の位相が急変した状態)を検出(※パワコンは停止) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E8 新型能動的方式単独運転
単独運転を検出(※パワコンは停止)
商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E9 U相瞬時過電圧(U相瞬時過電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E10 W相瞬時過電圧(W相瞬時過電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E11 系統ゼロクロス未決定
系統が、0ボルトを検出しなかった(※パワコンは交流を監視)
商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E12 系統周波数未決定
パワコン起動時に、系統の周波数が決定できない状態(停電等)
商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E13 U相系統遮断電圧(U相系統遮断電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E14 W相系統遮断電圧(W相系統遮断電圧を検出) 商用電源が正常になるまで待つ。住宅内の他の電気製品が正常に使用できるにもかかわらず、長時間この状態が継続する場合、点検修理を依頼。
E99 系統異常回復後、手動復帰待機(系統異常が回復した後、手動復帰待ち状態) パワコンを停止した後、再度運転。
F1 IPMアラーム(IPMエラー信号を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F2 瞬時過電流(瞬時過電流を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F3 太陽電池過電圧(太陽電池過電圧を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F4 直流地絡(直流地絡を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F5 OTPエラー(外部ROMエラーを表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F6 チョッパ過電圧(昇圧後電圧の過電圧を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F7 チョッパ瞬時過電圧(昇圧後電圧の瞬時過電圧を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F8 直流分検出(インバータ直流分を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F9 交流過電流(交流過電流を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F10 ポジスタ開閉用リレー溶着検出(ポジスタ用リレー接点の溶着を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F11 ポジスタ開閉用リレー接続不可(ポジスタ用リレー接続不可を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F12 IPM温度異常(放熱板の温度異常を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F13 ヒートシンクサーミスタのオープンショート(サーミスタのオープン、ショート検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F14 補正値異常(センサの補正値異常を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F15 昇圧後電圧検出回路故障(昇圧後電圧検出回路故障を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F18 チョッパ不足電圧(目標電圧値未昇圧を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F19 端子台温度異常(温度ヒューズ動作を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F20 U-O間誤配線(U-O間誤接続を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F21 W-O間誤配線(W-O間誤接続を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F24 地絡センサーオープン(地絡センサーオープンを検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F25 交流・直流電力不一致(交流・直流電力不一致を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F26 直流電流センサ異常(直流電流センサ異常を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F27 交流電流センサ異常(交流電流センサ異常を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F32 系統開閉用リレー溶着(系統開閉用リレー溶着を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F33 系統開閉用リレー接続不可(系統開閉用リレー接続不可を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F35 パワコンアドレス重複(パワコンのアドレス設定重複を検出) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F36 瞬時直流過電流(瞬時直流過電流を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F41 HICアラーム(HICエラーを表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F42 ファンロック(ファンロックを表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F45 昇圧制御不能(昇圧制御不能を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F46 即断チョッパ過電圧(昇圧後電圧の即断過電圧を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F47 リモコン通信異常(パワコン本体と同じアドレスのリモコンとの通信異常を表示) 正常にもどれば10秒~数分後に自動運転を再開。 表示が消えない、または頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F57 F2(もしくはF9)を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F58 F1を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F59 F4を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F60 F8を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F61 F6(もしくはF7、F46)を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F62 F9を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F63 F12を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F64 F7を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F65 F3を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F66 F36を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
F67 F41を8回検出 パワコンを停止後、再度運転する。10秒~数分後に自動運転を再開。頻繁に表示する場合、点検修理を依頼。
L1 専用リモコンアドレス重複(複数台接続時専用リモコンアドレスが重複) リモコンのアドレスを確認・アドレス変更後、リモコンの総積算ボタンと積算A・B ボタンを同時に5秒間長押し。
L2 一括制御リモコン(別売)複数台接続(一括制御リモコンが複数台渡り配線されている) 一括制御リモコンを一台のみ接続、リモコンの総積算ボタンとパワコン切換ボタンを同時に5秒間長押し。
F81 過電流検出
自立運転中、消費電力の大きな電気製品(15Aを超えるもの)を使用
正常に戻れば10秒程度で復帰する。
F82 不足電圧検出(自立運転モードで太陽電池発電量に対し、接続電気製品の消費電力の方が大きい) 正常に戻れば10秒程度で復帰する。
F83 過電圧検出(自立運転モードで接続電気製品の種類により発生。頻繁に発生するようなら 対象電気製品使用は避ける) 正常に戻れば10秒程度で復帰する。
F87 自立リレー接続前不足電圧検出(自立運転モードで、太陽電池モジュール発電量が 不足) 正常に戻れば10秒程度で復帰する。
F88 自立リレー接続前過電圧検出(自立運転モードで、太陽電池モジュールの発電量が 不安定) 正常に戻れば10秒程度で復帰する。
F89 F81を8回検出 パワコンを「停止」⇒「運転」することで10秒程度で運転再開する。
F90 F82を8回検出 パワコンを「停止」⇒「運転」することで10秒程度で運転再開する。
F91 F83を8回検出 パワコンを「停止」⇒「運転」することで10秒程度で運転再開する。

エラーコードを見ても、どうしたらいいか分からない。

自分で対処するのは不安という方は、販売店か当社までお問い合わせください。

お問い合わせの際には、
メーカー名
型番(分かれば)
エラーコード
どのような状態か?
いつから?

を教えてください。