solarfrontierソーラーフロンティアの太陽光発電エラーコード一覧

コード 原因 対処方法
E1-0 停電 (商用系統の電圧が低下) 商用系統の電圧が正常に戻ると、自動運転を再開。太陽光発電用ブレーカが‘オフ’になっていないか確認。
E1-1 交流過電圧検出(商用系統の電圧が上昇) 商用系統の電圧が正常に戻ると、自動運転を再開。
E1-2 交流不足電圧検出(商用系統の電圧が低下) 商用系統の電圧が正常に戻ると、自動運転を再開。
E1-3 周波数上昇検出(商用系統の周波数が上昇) 商用系統の周波数が正常に戻ると、自動運転を再開。
E1-4 周波数低下検出(商用系統の周波数が低下) 商用系統の周波数が正常に戻ると、自動運転を再開。
E1-5 単独運転検出
商用系統周波数に異常発生、単独運転検出(受動的方式)が働いた
商用系統の周波数が正常に戻ると、自動運転を再開。エラーが解消されない場合、点検修理を依頼。
E1-6 単独運転検出
商用系統の周波数に異常が発生し、単独運転検出(能動的方式)が働いた
商用系統の周波数が正常に戻ると、自動運転を再開。エラーが解消されない場合、点検修理を依頼。
E1-7 瞬時過電圧検出(商用系統の電圧が 123V 以上になっている) 商用系統の電圧が正常に戻ると、自動運転を再開。エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E1-8 瞬時電圧低下検出(商用系統の電圧が 15V 以下になっている) 商用系統の電圧が正常に戻ると、自動運転を再開。エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E2-1 太陽電池過電圧検出(太陽電池の電圧が高くなっている) 製品が故障する恐れがあり。点検修理を依頼。
E2-3 直流地絡検出(太陽電池側の機器の絶縁抵抗が低下) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E3-1 直流過電流検出(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E3-2 交流過電流検出(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E3-3 直流分検出(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E3-4 装置温度異常(パワーコンディショナ内部が高温になっている) 通風口を確認し、異物があれば除去。温度が正常に戻ると、自動運 転を再開。
E4-2 特性異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E4-3 出力制御異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E4-4 ROM バージョン異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E4-5 制御電源異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E4-6 EEPROM Sum 値異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E4-7 EEPROM 異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E5-1 連系リレー動作異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E5-1 端子台温度異常(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E5-3 DC/DC コン過電圧検出(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E5-4 DC/DC コン不足電圧検出(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E5-5 地絡センサ断線(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
E5-6 過電流検出(パワーコンディショナが異常な状態を検出) 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。
R1-5 自立運転過負荷状態(自立運転中に電気の使過ぎ、使用中の電気製品の故障を検出) 運転スイッチを‘オフ’にし、停電用コンセントに接続している電気製品を減らす、または故障した電気製品を停電用コンセントからはずす。運転スイッチを再度‘オン’にする。
“電圧上昇抑制”のアイコン表示 パワーコンディショナの動作により、商用系統の電圧が電圧上昇抑制の設定値より高くなってる 電圧上昇抑制の設定変更について、点検修理を依頼。
“発電電力/kW” ランプが点滅 パワーコンディショナの動作により、商用系統の電圧が電圧上昇抑制の設定値より高くなってる 電圧上昇抑制の設定変更について、点検修理を依頼。
頻繁に主幹漏電ブレーカが動作する 家電製品、パワーコンディショナ、太陽電池の漏電、または太陽光発電用ブレーカの不通 パワーコンディショナの運転スイッチ、太陽光発電用ブレーカを‘オフ’にして、点検修理を依頼。
記載のないエラーコードを表示 パワーコンディショナが異常な状態を検出 運転スイッチを一旦‘オフ’にし、再度‘オン’にする。エラーが解消されれば運転再開。
エラーが解消されない場合は、点検修理を依頼。

エラーコードを見ても、どうしたらいいか分からない。

自分で対処するのは不安という方は、販売店か当社までお問い合わせください。

お問い合わせの際には、
メーカー名
型番(分かれば)
エラーコード
どのような状態か?
いつから?

を教えてください。