blog-staffSHARPの蓄電池(4.2kWh)JH-WB1621 1.蓄電池の容量、出力、騒音、サイクル数について

SHARPの蓄電池(4.2kWh)JH-WB1621 1.蓄電池の容量、出力、騒音、サイクル数について

2021.4.16

皆さま、こんにちは。
福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

さて今回はSHARPの蓄電池((4.2kWh)JH-WB1621)に関して、『蓄電池の容量・出力・騒音・サイクル数について』をご紹介します。

この蓄電池はクラウド型で、パワーコンディショナーも太陽光発電と蓄電池両方の一体型となっているため、パワーコンディショナー1台ですべてに対応することが出来ます。
蓄電容量は公称容量が4.2kWh、定格容量が4.0kWhです。

連系運転時の最大出力が5.5kW(蓄電池のみ2.0kW)で、自立運転時の最大出力が1.5kWになっています。
また、連系運転時の定格出力電圧は202V、自立運転時の定格出力電圧は101Vです。

運転音は、45(35)dBで、運転時にJIS C8980に基づき無響音室で測定した値であり、
±3dBの公差が生じます。カッコ内は空冷ファンの低速運転時の値です。また、屋外用機種は屋外・屋内兼用機種より運転音が大きいため、やむをえず屋内に設置する場合は、設置場所について販売店とよくご相談いただくことをおすすめします。

サイクル数については、高性能な蓄電セルを搭載しているので、約12,000回の充放電を
繰り返しても、70%以上の容量を維持することが出来ます。
(使用環境により維持回数は異なります)

<福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池の設置を検討されているあなた!>
ご相談・お問合せ・お見積は”安心頼ホーム”まで、お気軽にどうぞ!