blog-staff4Rエナジーの蓄電池(12kWh)EHB-240A040 6.まとめ

4Rエナジーの蓄電池(12kWh)EHB-240A040 6.まとめ

2021.4.16

皆さま、こんにちは。
福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

さて今回は、フォーアールエナジーの蓄電池<EHB-240A040>に関して、
『まとめ(メリット・デメリット)』をお伝えします。

まず、この蓄電池のメリットは、
・12kWhもの大容量かつ3.0kVAもの高出力で、kWhあたりの蓄電単価も他社に比較すると安い。
・停電時、特定の機器に電気を供給するのではなく、家全体に電気を供給してくれるので、設置時に特別な工事は必要なく、また、ほぼ平常どおり暮らせるので安心である。
・ほとんどの太陽光発電と組み合わせることが可能。非常時では太陽光の自立運転モードから充電することが出来る。
・停電時に200Vも含め、3kVAも電力供給できるので、オール電化も使用できるほか、エネファームの起動電源にもなるので、停電時にエネファームを運転させることが出来る。
・延長保証も含めると、10年保証にもなるので、設置後も安心である。

一方、デメリットは、
・kWh単価は安いとはいえ、総額で見ると家庭向けでは高い価格帯である。
・太陽光発電の状態を検知する機能がないため、売電中にも放電してしまうので、ダブル発電となってしまい、売電単価が下がってしまう。そのため、昼間の電気使用量の少ないご家庭では、売電収入が減ってしまうおそれがある。
・急速充電機能がないので、電力事情が不安定なときに、短い時間でしっかり充電しておくことが難しいおそれがある。HEMSでの一括した「見える化」に対応していない。
以上が挙げられます。

メリットとデメリットの両方を知った上で、
納得して蓄電池を導入されることをオススメしています!
分からないことがあれば、何でもご相談ください!

<福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池の設置を検討されているあなた!>
ご相談・お問合せ・お見積は”安心頼ホーム”まで、お気軽にどうぞ!