blog-staffPanasonic リチウムイオン蓄電池ユニット 8.太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)について

Panasonic リチウムイオン蓄電池ユニット 8.太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)について

2021.4.16

皆さま、こんにちは。
福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

さて、Panasonicのリチウムイオン蓄電池ユニット<LJB1146K>に関して、
今回のテーマは『太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)について』です。

このリチウムイオン蓄電池ユニットは、売電中は蓄電池からの放電はありません。

また、家庭での消費電力を蓄電池でまかなってあげて、
売電量を増やすということもありません。

よって、押し上げ効果もダブル発電もないので、売電単価や売電量が変わることはなく、現状の高い売電単価のままで売電を行うことが出来ます。

ただし、停電時100V/200V出力タイプで、
エネファームも合わせて設置する場合はダブル発電の売電単価に変わってしまいます。

その時は、売電単価が下がってしまいますが、
蓄電池からの放電による押し上げ効果もありませんので、売電量も増えず、太陽光発電からの売電金額は単価下落分がそのまま目減りしてしまいます。ご注意くださいね!

<福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池の設置を検討されているあなた!>
ご相談・お問合せ・お見積は”安心頼ホーム”まで、お気軽にどうぞ!