blog-staffニチコンの蓄電池11.1kWh 8.この蓄電池のメリット・デメリットまとめ

ニチコンの蓄電池11.1kWh 8.この蓄電池のメリット・デメリットまとめ

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回は、前回に引き続きニチコンの蓄電池11.1kWh< ESS-U2M >についてお伝えします。
今回のテーマは『この蓄電池のメリット・デメリットまとめ』です。

ニチコンの蓄電池 11.1kWh< ESS-U2M >のメリットは、
・蓄電容量が11.1kWhと業界最大クラスの大容量なので太陽光発電を最大限活用出来る
・大容量なので、kWhあたりの価格が他の蓄電池に比べ安い
・いつでも停電に対応できる放電停止残量設定ができ、非常時も安心
・24時間見守る安心サポート機能があり、将来の機能拡張にも対応

ニチコンの蓄電池 11.1kWh< ESS-U2M >のデメリットは、
・大容量なので、本体価格が少し高い
・大容量なので、充電時間が少し長い
・運転モードが2つなので、ご家庭によっては活用しきれない可能性がある
といった点が挙げられます。

蓄電池は非常に優れた製品ですが、容量や性能など各ご家庭にマッチした製品を選択しないと、十分な価値を生み出さないこともあります。
各製品のメリット・デメリットをしっかりと確認し自分の家にマッチした蓄電池を選択する事が重要です!導入後もメリット・デメリットその強みを活かせるように使い方を工夫する

福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!