blog-staffニチコンの蓄電池11.1kWh 1. 容量と出力について

ニチコンの蓄電池11.1kWh 1. 容量と出力について

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回からニチコンの蓄電池11.1kWh< ESS-U2M >についてお伝えします。
初回のテーマは『容量と出力について』です。
ニチコンの蓄電池は、幅広い容量から選べます。
12kWhの< ESS-U2L >< ESS-H1L >と11.1kWhの< ESS-U2M >、7.2kWhの< ESS-SP2S >< ESS-U1N >、4.1kWhの< ESS-U3S1 >の4種類の容量・6モデルがあり、各ご家庭の電力使用状況に合わせ、幅広い容量から選べます!

この蓄電池< ESS-U2M >の容量は11.1kWhと、12kWhのモデルには少し劣りますが、それでも家庭用蓄電池では最大クラスの容量で、電気を多く使うご家庭だと十分に活用できます!
ただし、実際使用可能な容量は、放電深度と変換効率をかけた数値である「初期実効容量」で約9.7kWhです。カタログに表示されている容量よりも少ないので、この数値も確認しておくことをオススメします!
毎月1万円以上電気代を支払っているような電気をよく使うご家庭でも、初期実効容量が9.7kWhもあれば十分に電気を賄うことが出来ます。
その反面、毎月6000円程度しか電気を使っていないご家庭では、少し持て余してしまう可能性があります。各ご家庭にマッチした蓄電容量のモデルを選択することが大切ですね!

この蓄電池の出力は通常時が2.0kWです。通常時出力は2.0kW程度が平均値なので、この蓄電池は平均的な出力ですね。
停電時の出力は2.0kVAです。その為、停電時でも出力の合計が2000Wまで電化製品が使えます。1500Wしか使えない蓄電池も多いので、停電時の2000Wまで電化製品が使えるのは安心ですね!

また、ニチコンの蓄電池はEchonet-Liteに対応しているので、HEMSで電気を一元管理する事が出来ます!

福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!