blog-staffニチコンの蓄電池 ハイブリッドタイプ12kWh 4. この蓄電池のメリット・デメリットまとめ

ニチコンの蓄電池 ハイブリッドタイプ12kWh 4. この蓄電池のメリット・デメリットまとめ

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回は、前回に引き続きニチコンの蓄電池 ハイブリッドタイプ12kWh< ESS-H1L>についてお伝えします。
今回のテーマは『この蓄電池のメリット・デメリットまとめ』です。

ニチコンの蓄電池 ハイブリッドタイプ12kWh< ESS-H1L>のメリットは、
・通常時の出力5.9kWで、業界トップクラスの高出力
・自立運転時の出力も5.9kVAと高く、非常時でも高出力電化製品対応
・蓄電容量が12kWhと業界最大クラスの大容量
・メーカー保証期間が15年間と長いので、安心出来る
・ハイブリッドパワコンに対応しており、変換ロスの少ない効率的な充放電が可能

ニチコンの蓄電池 単機能タイプ12kWh< ESS-H1L>のデメリットは、
・運転モードが2つのみと比較的少なく、ご家庭によっては活用しきれない可能性がある
・大容量かつハイブリッドパワコン対応の為、本体価格が高い。
・大容量の為、充電時間が少し長い
といった点が挙げられます。

メリット・デメリットをしっかりと確認し、各ご家庭にマッチした蓄電池を選択することが非常に重要です!

福岡、鹿児島、佐賀、宮崎で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!