blog-staff設置・工事・メンテナンス 4. 施工IDについて

設置・工事・メンテナンス 4. 施工IDについて

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回のテーマは『施工IDについて』です。

蓄電池を設置する場合に、蓄電池本体の設置だけでなく、屋内の配線と蓄電池を繋ぐ工事もあります。
この配線工事が、ずさんだと、停電時に自動で放電しない恐れがあります。
そのため、正しい配線工事を行う為に、各メーカーさんは、蓄電池の「施工ID」という資格を発行しています。
太陽光発電の設置工事をする場合も、「施工ID」を取得する必要がありました。それと同じです。

「施工ID」を取得するには、各メーカーさんが主催するセミナーを受講したり、研修で実技を行う事で、施工に関する知識や技術を認めてもらわなければなりません。

ただし、メーカーさんによっては、太陽光発電システムの「施工ID」と蓄電池の「施工ID」が一体になっています。太陽光発電システムで「施工ID」を取得していれば、蓄電池の施工も出来ます。
確認したところ、Panasonic やSHARPは、太陽光発電の「施工ID」だけで大丈夫なようです。

設置する際には、こうしたところもチェックすれば、後々のトラブルも未然に防げて安心ですね!

福岡で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!