blog-staff設置・工事・メンテナンス 1. 屋内設置と屋外設置がある

設置・工事・メンテナンス 1. 屋内設置と屋外設置がある

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

さて、今回のテーマは『屋内設置と屋外設置がある』です。

以前もお伝えしましたが、蓄電池には屋内設置型と、屋外設置型があります。
蓄電容量が6kWh以上の蓄電池のほとんどが屋外設置です。
大容量な分、蓄電池自体も大きくなるので、屋内のスペース確保が難しくなるからですね。

オムロン、京セラ、東芝、4Rエナジー、エリーパワー、伊藤忠商事の製品が、この屋外設置タイプです。

逆に屋内設置のものは、Panasonicのスタンドアロン型蓄電池、Panasonicの創蓄連携システムの蓄電池、長州産業、オムロンの製品です。

SHARP、ニチコンの蓄電池は、屋外・屋内のどちらでも設置が出来る製品があります。

設置場所ごとのメリットとデメリットですが、
屋外設置型は、
メリット:室内のスペースが蓄電池に取られない事、運転時の音が生活の邪魔にならない事
デメリット:場所の条件によっては設置が出来ない事(直射日光があたる場所、高温多湿になる場所、空気の循環が悪い場所、搬入経路が確保出来ない場所、豪雪地帯や塩害地域、)
があげられます。

一方の屋内設置型は、
メリット:設置場所に環境の条件が無い事
デメリット:屋内のスペースが蓄電池本体に奪われてしまう事・運転時の音が聞こえる事・分電盤や使用したい機器の近くに本体を置かなければならない事
があげられます。

蓄電池を選ぶポイントとして、容量や出力、金額を基準にする方が多いですが、
このように設置場所という条件もあります。

やはり屋内設置型はスペースが取られてしまうという大きな短所があるので、屋外設置をおススメします!

福岡で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!