blog-staff蓄電池購入の支払い方法 1. 新築の場合の支払(住宅ローンに組み込む)

蓄電池購入の支払い方法 1. 新築の場合の支払(住宅ローンに組み込む)

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回のテーマは『新築の場合の支払(住宅ローンに組み込む)』です。

蓄電池をどこで誰から買うか決めれば、最後は支払い方だけですね。
今回から、蓄電池購入の支払い方について、ご説明していきます。

支払い方は大きく分けて以下の4つがあります。
1.新築の場合:住宅ローンに組み込む
2.リフォームの場合:リフォームローンに組み込む
3.太陽光発電とセットで導入する場合:ソーラーローンに組み込む
4.蓄電池のみの場合:ソーラーローンを組む

まずは、新築の場合での、支払い方について、ご説明します。
新築住宅と併せてご購入する場合は、住宅ローンに組み込みます。
新築住宅のローンに組み込んだ方が、ソーラーローンなどより、支払い年数が長いので、当然ながら月々の支払い負担額は少なくなります。

しかし、住宅ローンは最長35年まで組めますが、蓄電池のメーカー保証は10年間なので、
10年後の買い替えや、メーカー保証終了後の有償修理が必要となると、その費用もかかってくるので注意が必要です。

福岡で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!