blog-staff蓄電池購入のポイント 8.単独型とハイブリッド型について

蓄電池購入のポイント 8.単独型とハイブリッド型について

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回のテーマは『独立型とハイブリッド型について』です。

蓄電池には、「独立型」と「ハイブリッド型」があります。

ハイブリッド型蓄電池とは、太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナー(パワコン)を一台にまとめた蓄電システムです。

パワコンとは太陽光パネルで発生させた直流の電気を、家庭で使える交流の電気に変換する装置です。

一般的な単独型の蓄電池の場合、太陽光発電と蓄電池のそれぞれにパワコンが必要です。
太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯める場合、太陽光で発電された電気は一度ご家庭で使用出来るように交流に変換されているため、さらに直流に変換しなおして蓄電するため、2台のパワコンが必要になっています。

電気は変換するたびに、ロスが生じてしまうため、パワコンが一つのハイブリッド型蓄電池ならば、ロスを減らせます。

ハイブリッド型の蓄電池を導入する場合、現在設置している太陽光発電システムのパワコンを交換する必要があります。
パワコンも寿命がありますので、古いパワコン新しくなる事は基本的に良い事なのですが、新しくまだ使える場合、無駄になってしまいます。

さらに、注意しなければならない事があります。
導入するハイブリッド型蓄電池が、太陽光発電システムと同じメーカーでなければ、太陽光発電システムのメーカー保証が切れてしまう可能性があります。

その一方、単独型の蓄電池の場合、太陽光発電システムのパソコンは、そのままなので、保証が無くなってしまう心配はありません。
その為、メーカーを気にせずに、好きな蓄電池を選べます!

福岡で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!