blog-staff蓄電池購入のポイント 7.設置場所・サイズについて

蓄電池購入のポイント 7.設置場所・サイズについて

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回のテーマは『どこに設置すればいいの?』です。

蓄電池の購入において、設置場所の確認は欠かせません。
どこに設置すればいいか、迷ってしまうお客様がいます。

そこで今回は設置場所での蓄電池の選び方について、ご説明します。

以前『設置場所について』の記事でも説明しましたが、
蓄電池の設置場所は、大きく分けて「屋外設置」と「屋内設置」があります。

まず、家の外に蓄電池を設置するスペースがあるならば、生活スペースを潰さないうえ、運転音も気にしなくていいので、屋外設置の蓄電池がオススメです!

しかし、注意すべき事もあります。
高温多湿の場所、日光が直接当たる場所、風通しの悪い場所には設置出来ません。
さらに「塩害地区」や、「積雪地区」では、それらに対応したモデルしか設置出来ません。

一方で、下のような方は、屋内設置がオススメです!
・家の外に蓄電池を設置するスペースが無い
・「塩害地区」や、「積雪地区」にお住まい
・家の壁に穴なんて空けたく無い(屋外設置型は外壁に穴を空ける必要があります)

どちらの設置場所がいいのか迷ってしまったら
お気軽にお問い合わせください!

福岡で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!