blog-staff蓄電池の基礎知識12.非常時の備えとして(太陽光発電の弱点を補う)

蓄電池の基礎知識12.非常時の備えとして(太陽光発電の弱点を補う)

2021.4.16

皆さんこんにちは。
福岡で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回のテーマは『非常時の備えとして(太陽光発電の弱点を補う)』です。

太陽光発電を設置している皆様、または設置を検討している皆様
災害時でも太陽光発電があれば安心だと期待していませんか?

雨や曇りの日は太陽光が弱まってしまい発電量が落ちます。
さらに、夜間はまったく発電してくれません。

もちろん晴れている日中は、太陽光発電の「自立運転モード」で電源を確保出来ますが、
天候の悪い日や夜間の災害時には活躍してくれません。
そもそも電気を使う必要があるのは真っ暗になってしまう夜間ですよね。
それでは非常時の対策としては、不十分では無いですか?

そこで、万全の停電対策として蓄電池が活躍します。
天候の悪い日や夜間に使えないという太陽光の弱点を補ってくれます。
蓄電池に貯めていた電気を、停電時に使えるので、灯りや空調も確保出来ますし、
テレビや携帯電話を充電により、情報を得る事が出来ます。

さらに太陽光と組み合わせて日中に発電した電気を
夜間に使う事で、長期間の停電にも対応出来ます!

福岡で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!