blog-staff蓄電池の基礎知識11.環境メリットについて(太陽光発電との連携)

蓄電池の基礎知識11.環境メリットについて(太陽光発電との連携)

2021.4.16

皆さんこんにちは。

福岡で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!

安心頼ホームの北丸です。

今回のテーマは『環境メリットについて(太陽光発電との連携)』です。

前回は、安い深夜の電気を活用する事で得られる経済メリットについて、ご説明しました。

今回は、蓄電池で得られる環境メリットについて、ご説明します。

では、どのように蓄電池を活用すれば、環境にやさしいのでしょうか。

なるべく電気を買わないことが、一番です!

その理由を説明すると、

電力会社が供給している電気は、主に火力発電で作られています。

火力発電では電気を作る過程で、CO2などの温室効果ガスを出しているので、この電気を買わない事で温室効果ガスの総排出量は削減され、環境にやさしいわけですね!

太陽光で発電した電気を、蓄電池に貯めて夜使う事で、なるべく電気を買わない生活が出来ます。

なので、蓄電池を導入して太陽光発電と連携する事で、光熱費を下げるだけでなく、エコで環境にやさしい生活を送れますね!

福岡で蓄電池の設置を検討されているあなた!

ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!